企業では様々な業務が円滑になるシステムを導入しており、クラウドサービスやグループウェアなどを利用することによって業務の効率化だけではなく情報共有や社員同士のコミュニケーションの向上を図っています。

それらのシステムの中にある機能の一つにファイルを共有することが出来るものがあり、これを利用することによって社外からファイルにアクセスすることが出来るようになったり、権限を持っている社員なら誰でもファイルを閲覧したり書き込みが出来るようになっています。

All Aboutに関するお役立ちコンテンツ満載です。

このようなファイル共有はどのように利用するのがいいのかというと、取引先とのやり取りの場合のプレゼンに応用することが出来ます。

社外からでもアクセスすることが出来るのでプレゼンの場でタブレットやパソコンで情報を提示すればわかりやすくプレゼンを行うことが出来ますし、相手の望む情報をすぐに提示することが出来るのでスムーズに話を進めることが出来ます。

ファイルの共有の情報を簡単に探すことができます。

これは店舗など販売店でも利用されている方法であり、目で見ることによってよりわかりやすい情報を提示できるわけです。

また、取引以外にも出張中や移動中にほかのデバイスで仕事をすることが出来るので空いた時間をうまく活用することが出来ますし、何らかの情報の変更が合った場合でもすぐに確認することが出来るようになっています。



そしてこれらはサーバーの運用コストがかからないのでコスト削減につなげることが出来るため、結果的に企業の利益に貢献できると言うわけです。

Copyright (C) 2015 ファイル共有の利用目的について All Rights Reserved.